< KANZY通信 未分類

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIVE to LIFE

タイヤ交換があるのだぁ・・・スタッドレスから夏タイヤ、
スタンドのお兄さんがやけに愛想が良く会った事ないはずなのに安くしときます・・・
お兄さん持ってるわ・・・と言って笑顔でバイバイキン・・・春がやってきました・・・・。
震災の後の大変な状況も終結にはまだ時間が掛かるらしいですが、
国の内外の情勢も一層厳しい時代のようですが・・・・
我らがフォーク世代の古き良き時代の歌を今に呼び起こし、
ひと時の思い出に浸るもよし、新たなる活力の源にするもよし!!
去年は個人的に体調を崩し殆どのLIVE活動は出来ておりませんでした、
近くにいて見守ってくれる人達が大切な人たちなのだ、そんな
絆を感じた一年でもありました、
今年は出来うる限り地元を元気に出来るような様々な活動をして行きたいと思います。
何卒ご周知の程よろしくお願い致します。
AcousticbarKANZY 春の陣 
今回春の陣vertionとして各アーティストの皆さんは震災への思いを綴った一曲を
オリジナル・カバーに限らず1曲選曲頂く予定です。
 
堀江淳 2013 LIVE AT 伊達Acousticbar KANZY  
 日時 2013年 4月18日(木)
当日は現在NHKTVでONAIR中の東北の応援歌【花は咲く】も歌います。
苫小牧市出身 81年デビュー
代表曲 メモリーグラス(81年) ルージュ(81年)
北の国のダイヤモンド(2006年WITHVOICE) ありがとう(2009)他多数

佐々木幸男 2013 LIVE AT 伊達Acousticbar KANZY  
日時 2013年 5月14日(火)
宮城県生まれ 札幌出身 76年 ヤマハ主催ポプコン でデビュー
君は風(76年) 元気です(77年)セプテンバーヴァレンタイン(77年)
心から(79年) リフレイン(80年) ANOTHER LIFE(80年)他多数

◎元ふきのとう 山木康世LIVE library AT 伊達Acousticbar KANZY
日時 2013年 6月2日(日)
札幌市出身 74年「ふきのとう」 でデビュー  ソロデビューして21年
白い冬(74年)  風来坊(77年)思えば遠くへ来たもんだ(78年) 
影法師(78年)春雷(79年)やさしさとして想い出として(80年)  他多数

◎「 猫 」  LIVE  伊達Acousticbar KANZY
日時 2013年 6月13日(木)
カレッジフォークの先鞭 
ザリガニーズとジアマリーズのメンバーが「猫」として 72年デビュー
現在のベースは元ダウンタウンブギウギバンドの新井氏
代表曲  雪 (75年) 地下鉄にのって(72) 片想いのブルース(72年)
各駅停車(74.)僕のエピローグ(75年)他多数

全公演共通
会場 北海道伊達市 Acousticbar KANZY
(〒052-0026 北海道伊達市錦町100-30-2Fツボ八上階)
    開場 18:30 開演 19:00  
入場料 前売りチケット ¥3500(1ドリンク付) 
     当日チケット ¥4000(1ドリンク付)
 

主催Acousticbar KANZY 後援 FMびゅ~84.2MHz

全てのお問い合わせ 0142-22-5566  Acousticbar KANZY(13:00~00:00)まで   
(〒052-0026 北海道伊達市錦町100-30-2F) またはKANZY H・Pまで


Kanzy                                     
今月(4月)から 室蘭まちづくり放送FMびゅ~84.2MHz
で番組が始まりました。(KanzyのVivaAcoustic以来1年4か月ぶり)
{Kanzyのミュージックマウンテン} 毎週火曜日 14:30~15:00 onair中~ 
伊達市主催番組{だてラジ宅配便} 毎月第四火曜日 12:30~13:40 5月START

来店アーティストは上記アーティストを含め{Kanzyのミュージックマウンテン}に
生出演或いは収録出演をして頂く予定です。
他にAcousticbar KANZY では 夏の陣7・8・9月 
秋の陣10・11月 のLIVE企画をしております。
スポンサーサイト

LIVE

そろそろ・・・

今年もそろそろと動き出している、寒い毎日が続いている・・・ほぼ毎晩氷点下・・・雪かきのコツを久し振りに上手く活かせた・・・札幌や岩見沢に比べたらその1割程度の積雪と思うのですが・・・・・FMラジオ局西胆振コミュニティFM「びゅ~」では、4月から新たな番組がスタートしそう・・・去年は諸事情からあまり行われてこなかったLIVE招聘、LIVE活動も動き出せたらと思っているし・・・新しい歌もそれなりに入ってくるけれどOLDものが新しく感じる世代が増えている、どんな先々になるのやら様々に伝わって行って欲しい・・・近間で病床で闘っている人たちがいる・・・みんな50そこそこの方々だ・・・動ける時間がどれ位あるのか・・・計ってみても意味もない・・・ただ動ける人は過ぎゆく時間を惜しみ.果敢に前を向いて行く・・・中々出来ない事かもしれない・・・しかしそんな時間を増やすべきなんだろうと思う・・・・・・FIGHT!闘うあなたの唱を闘わない奴らが笑うだろう・・冷たい水の中を・・・FIGHT!・・・NEXT ONE

謹賀新年

あけましておめでとうございます、
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

NEXTONE

今年もありがとうございました。

徳川に仕える他に道がなかった熊本城の城主であった加藤清正は城造り、取分け城壁に関しては他に類を見ない非凡さを発揮したという、熊本城は現存する日本の城の中では珍しく当時の材がそのまま未だ象っているという、建立後400年超を数えるその熊本城を造った清正は秀頼を迎える準備が出来ていて、城の中の奥座敷には秘密裏に豊臣家用の招君の間が作られていたとか・・・家康は徳川の家臣として豊臣家を率いたリーダー秀頼の成長ぶりに恐れをなし、側近中の側近であった、もともと豊臣の家臣である清正と池田をまず暗殺してしまったという、戦国の世の事をわかりやすくする為に、きっと何処かで物語にしたのだろうと思うとリアリティな加減をどこまで所謂感覚的に修めたらいいのだろうと思いながら、様々な権力闘争話や武勇伝やその魅力や嘘を吐き出しながら更に後世に伝わって行くんだろうなぁと・・・現代では、戦争は考えにくいし、他国とは調和を重んじた外交をする最近の日本人気質に加えて、ここ2~30年くらい前から、結局自身との戦いを奨励しているようなしてないような個の力感が途絶えてきたような感じになってるのか、目標を決めかねている若者も多い・・・しかし来年はきっと、そんな人間の可能性を恐らく夢や希望通り一杯に溢れんばかりに湛えられて、全損的シャットアウトは出来る限り阻止となり、どの道体力という知力というものの衰えを器用に受け入れなければならない時が来る、叶わなかったならその願いを放ろうとしてもがくのか、はたまたその手綱を当たり前のように締め直すのか・・・何の希望のないものや満たされている事にこの上ない幸せを感じている者に取ってはただ運命とやらをやり過ごし、ただただ全うするだけの事なのか・・・せめて夢と希望を抱いても何の問題もない国であってほしい・・・そしてそんな人たちの誰の上にも幸不幸の波は訪れる訳で、何が何でもまた果敢に前進できる人間でありたいと思ったりするのです・・・大袈裟な切り口で今年のラストページでしゅ・・・来年も何一つ確かなことはないけれど、力が湧いてくるような一瞬を増やして行きたい所です・・・・来年もよろしくお願い致します・・・今年一年ありがとうございました・・・・どうか良いお年を・・・NEXT ONE

AcousticbarKANZY
2012年12月31日(月)  2013年1月1日(火) 休業 
1月2日から通常営業しております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。